toggle
大正11年創業の三重県四日市の萬古焼問屋です。珍しい萬古焼の急須や萬古焼作家さんの作品等、お探しの方はお問い合わせください。
ご挨拶

大正11年創業 四日市の萬古焼問屋・瑞穂商店3代目の伊藤彰彦です。

萬古焼(万古焼)は約300年前に桑名の沼波弄山が茶陶づくりを始め、その作品に「永遠に変わらず栄えますようにと」の願いを込めて「萬古」「萬古不易」の印を押したのが名前の由来です。

その後、朝日町の森有節・千秋兄弟が木型成形による急須づくりを始め、四日市の山中忠左衛門が「四日市萬古」の礎を築きました、忠左衛門さんが住んでいたところとは本当にご近所なのですが、海蔵川と三滝川に挟まれた 水害が多く貧しかった土地をなんとかしようと私財をなげうって萬古焼を地場産業として育てました。

今月の萬古焼
  • 2021年01月07日

    高資 市松模様急須

    こちらは 私が選んだ 今月の急須 常滑焼 高資さんの市松模様の急須です。 とても軽くて使いやすそうで 市松模様というのは 急須としては...

  • 2021年01月05日

    常滑焼 益規 

    何て表現したらいいかな・・・ まるで 金属のような?木彫りのような?雰囲気ですが とっても軽くて(常滑焼はいくぶん重いのが多いのですが...

  • 2021年01月04日

    常滑焼 雪堂 日本三景松島 

    ここから 二点は 夫が選びました。 常滑焼 雪堂の松島の急須 鑑賞にも耐えうる もちろん使うのもありですね!...

ブログ
お知らせ
お宝発見!萬古焼 急須の瑞穂商店
四日市 萬古焼 急須の瑞穂商店