toggle
大正11年創業の三重県四日市の萬古焼問屋です。珍しい萬古焼の急須や萬古焼作家さんの作品等、お探しの方はお問い合わせください。
2020-06-01

今月の萬古焼 木阿弥(明治40年生長谷川彰志) 紫泥手びねり 蟹

10000円

六月の季語「蟹」 蟹もぐる砂の動きを波が消す 堤 剣城 

こんな俳句から出てきそうな、蟹さんがついてる手びねりの急須です。轆轤(ろくろ)ではなくどうやって作るのか?手びねりだから こんな細工ができるのか?自分ではまったくわかりません。以前万古まつりの時に若い陶芸作家さん達も出店していて、家のテントに見に来てくれて「こんな手びねりの急須とか、他では見られないですね。」「どうやって作るのか 教えてもらえる人もいないので 勉強の為に見て考えますから 買います!」とうれしいことを言ってくれました。陶芸をしている人は視点が違うな~と感心した事がありました。久しぶりに潮干狩りに行ってみたくなりましたが、今年はどうかな?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です