toggle
大正11年創業の三重県四日市の萬古焼問屋です。珍しい萬古焼の急須や萬古焼作家さんの作品等、お探しの方はお問い合わせください。
2020-06-21

森ブラザーズ登場 

沼波弄山(1718~1777)が去って窯の火も途絶えた小向に、再び萬古焼の煙が上がったのは弄山没後50余年、萬古焼中興の祖、森有節(ゆうせつ)・千秋(せんしゅう)兄弟の登場です。24歳と16歳、職人肌の有節と天才肌の千秋。

当初、古萬古の再現に取り組んだ兄弟は、提灯作りにヒントを得たと言われる、萬古焼にしかない、急須作りの木型による成型、大和絵、粉砕盛絵など、次々新たな技法を生み出しました。

当店では、森有節の菓子鉢と弟の森千秋の型萬古急須を店の看板商品、お宝商品として、ご来店のお客様に手に取っていただいてご紹介しています。

四日市萬古焼図鑑
当店のお宝 森有節の菓子鉢
当店のお宝 森千秋の型萬古急須 宝尽くし
同じく森千秋の型萬古急須
森有節の型萬古急須 最高のお宝
左上が型萬古急須をの胴部分を作る木型
下は茶漉しと持ち手の木型
胴部分の分解写真
木型の芯を抜いた状態
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です